『アメリカ郷土菓子』

新しい本を出すときはいつも、
以前出した本を手に取っていただくきっかけにもなるといいなあと、
ちょっと期待しています。
f0184775_20484129.gif
おかげ様で、ビスケットとコーンブレッドの本を出した後には、
思い入れのある『アメリカ郷土菓子』の増刷が決まり、
とてもありがたかったのです。

私の最初の本、『コブラーとクランブル』も、
特に果物がお好きな方にはぜひぜひご覧いただきたいなあと願っています。

ずっとお楽しみいただけるようにと、たくさんの方と
一緒に時間をかけて作った本。多くの方にご覧いただけますように。


アメリカ郷土菓子

原 亜樹子 /パルコ

アメリカの歴史が見える郷土菓子を、その背景にある物語と共に紹介しています。


コブラーとクランブル パイより簡単!果物たっぷりの焼き菓子

原 亜樹子 /パルコ

アメリカの家庭的なおやつ「コブラー」と「クランブル」。どちらも果物に小麦粉生地をのせて焼く、パイの簡易版のような素朴で温かみのある焼き菓子です。





[PR]
# by AmericanSweets | 2018-02-09 20:55 | Trackback | Comments(0)

節分

節分に合わせてアップしたつもりが、
非公開設定にしてしまっていたようです。
f0184775_21334567.gif
2月3日には次男が園でつくった鬼のお面をかぶり、
節分の歌を歌いながら家中豆まき。
まだあちこちに豆が落ちています。

長男は豆まきにはあまり興味がなくなったようで、
ほんの少しまいただけで、あとはひたすら炒り大豆と大豆ご飯、
それから恒例の節分の和菓子を食べていました。



[PR]
# by AmericanSweets | 2018-02-02 23:24 | Trackback | Comments(0)
1月31日に発売予定の『おやつ&おつまみビスコッティ』の
見本誌が届きました。

f0184775_23571772.gif
色も紙の質感も素敵です。
本書半ばで使われているツルツル&ザラザラの用紙もおもしろい。

ビスコッティは大きな写真だけでなく、各レシピごとに小さな写真も載せています。
かわいらしさが加わり実用面もアップし、良かったなあと思います。

我が家では、「おつまみビスコッティ」の中では「カレー」と「セサミ」が
特に子どもたちに好評です。
「おつまみビスコッティ」はぜひ香ばしく(でも焦がさないよう)乾燥焼きして
お楽しみください。

「おやつビスコッティ」は、
ピーナッツバターやこれでもかというほど細かく刻んだレーズン入りのものは、
ちょっと面白い食感なのでお試しいただけたらなあと思います。

週が明けるとすぐに書店などでも並び始めると思うとドキドキします。
翻訳本や共著も入れると8冊目の本となりますが、
何度経験しても緊張します。

たくさんの方にご覧いただけますように。
どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。







[PR]
# by AmericanSweets | 2018-01-28 00:34 | Trackback | Comments(0)