最後の授業

この3年ほど、
大学の公開講座に通っていました。
アメリカをいろいろな方向から見る講座で、
点と点でしか理解していなかったことが何度も線でつながり、
いつもワクワク、とても勉強になりました。

先生の定年退職のため先日最終回を迎えました。
f0184775_12012931.gif
参加者の皆さまも
1960年代をアメリカで過ごした方や
アメリカの音楽に造詣の深い方、
西部劇に精通している方、
お菓子作りや刺繍が素晴らしくお得意な方、
とにもかくにもアメリカに興味がある方など
お話を伺っているだけでワクワクする方ばかりでした。

心にぽっかり穴が開いたようです。

最後の3年間だけですが、出席できて幸せでした。


おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。

あたらしいマフィン

田中博子・長田佳子・原 亜樹子・今井洋子・ムラヨシマサユキ・立道嶺央/家の光協会





[PR]
# by AmericanSweets | 2018-01-19 12:02 | Trackback | Comments(0)

f0184775_23574681.gif
今月31日に新刊が出ます。
『おやつ&おつまみビスコッティ』(主婦と生活社)
イタリアのカントゥッチをベースにした
アメリカンスタイルのビスコッティ本です。

◎おやつビスコッティは5章
「ノンオイル」「オイル(油脂)入り」
「卵を使わない」「小麦粉を使わない」
そしておまけの「一度焼きのアンスコッティ」

◎おつまみビスコッティは3章
「ノンオイル」「オイル入り」「卵を使わない」

イタリアからの移民が北米へ伝えたというビスコッティですが、
シアトル系コーヒーと共に人気が高まったよう。

私がビスコッティに出合ったのは20数年前のアメリカです。
もうその頃には当たり前のように食べられていました。

当初はアニスのビスコッティ一辺倒。
その後どんどんレパートリーが増えて、
ずいぶん長い間飽きずに焼き続けています。

そんな大好きなビスコッティ。
編集の足立さんのおかげで本という形になりました。
デザインはchorusの高橋良さん
撮影はコーンブレッド本でもお世話になった福尾美雪さん
スタイリングは池水陽子さん
取材をしてくださったのは中山み登りさん
当日ヘルプに駆けつけて下さった青木昌美さん、北村恵理さん

版元の皆さま、印刷所の方々、校閲の方、
たくさんの方のお力をお借りし、もうすぐ出版されます。

これまでの本を作って下さった皆さまと、
これまでの本を読んで下さった皆さまのおかげで
こうして新しい本をつくることができています。
ありがたいです。

◇おやつ&おつまみビスコッティ

おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。




[PR]
# by AmericanSweets | 2018-01-15 15:40 | Trackback | Comments(0)

ポメラが壊れて

ポメラが壊れました。

原稿を書くときパソコンを立ち上げるといろいろ面倒なので
ポメラを愛用してきたのですが、昨年後半から電池を入れ替えても数日で
電源が入らなくなり、様子がおかしいとは思っていたのですがついに。

あの不便さに慣れていたので久しぶりにパソコンで原稿を書くと
便利過ぎて驚きます。
でもあちこちよそ見をしてしまうので、やはりポメラの方がいいなあ。

今日は子どもたちは鉄道の旅へ出ているので、
久しぶりにのんびり仕事を進められるとホクホク。

朝から調べ物をしていたらお腹が空いたので、
まずは安倍川もち。
その後はヨーグルトが中途半端に余っていたのでグラノーラ。

体が冷えたのでラム酒を入れた紅茶とチョコレート。

それぞれをきちんと楽しみ過ぎてこんな時間に……

時間がある日はエンジンがかからない不思議。



[PR]
# by AmericanSweets | 2018-01-14 13:54 | Trackback | Comments(0)