2月のand R「アメリカの食卓」。
詳細は下記のとおりです。
(募集は締め切らせていただきました。
お申込みいただきました皆さま、
当日お会いできますことを楽しみにしております。)

*************

今回は、1月末の新刊「おやつ&おつまみビスコッティ」から、
ビスコッティをご紹介いたします。

メニュー:
・基本のカントゥッチ
・レーズンとクルミのビスコッティ
・コーヒーのビスコッティ
・卵を使わないスイートポテトのビスコッティ
・抹茶のビスコッティ
・savoryビスコッティなど

実演を交えつつ、アメリカンスタイルのビスコッティについての
お話を交えつつ、ご紹介しようと思っています。


日時:
1)2018年2月11日(日)
午前の部:10:30-12:45

2)2018年2月11日(日)
午後の部:14:15-16:30

3)2018年2月12日(月) 
10:30-12:45

お申込み先:→締め切りました。

定員:各回6~7名様

持ち物:エプロン・三角巾

場所:and R(アンドアール)
千葉県習志野市本大久保3-8-3「ギャラリー林檎の木」2階
※千葉県「京成大久保」駅より徒歩4分
http://www.gallery-ringonoki.com/accessmap.html

ご参加費:4,500円(ご試食・ご試飲・お土産付)
※お席が限られますためお子さま料金の設定がありませんこと、
お詫び申し上げます。また、小学生以下のお子様だけでのご参加は
お受けしておりません。ご了承ください。

キャンセルポリシー:
前日-前日17時までのキャンセルは参加費の70%
前日17時以降-当日キャンセルは100%を頂戴いたします。
材料とお席をご用意してお待ちしているため、どうぞご了承ください。


おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。




[PR]
# by AmericanSweets | 2018-02-05 13:42 | Trackback | Comments(0)

節分

節分に合わせてアップしたつもりが、
非公開設定にしてしまっていたようです。
f0184775_21334567.gif
2月3日には次男が園でつくった鬼のお面をかぶり、
節分の歌を歌いながら家中豆まき。
まだあちこちに豆が落ちています。

長男は豆まきにはあまり興味がなくなったようで、
ほんの少しまいただけで、あとはひたすら炒り大豆と大豆ご飯、
それから恒例の節分の和菓子を食べていました。



[PR]
# by AmericanSweets | 2018-02-02 23:24 | Trackback | Comments(0)
今日は主婦と生活社さんからの
『おやつ&おつまみビスコッティ』の発売日だったので、
いつもより少し多めに花を選んできました。
f0184775_23153094.gif
花も和菓子と同じで季節をちょっと先取り。

私は1度好きになったものは、たいていずーっと好きなのですが、
ビスコッティもその1つで、20数年前にアメリカで出会い、
帰国時に巨大なビスコッティを1ケース抱えて帰って以来ずーっと好きです。

この20年でアメリカのビスコッティはますますバラエティ豊かになり、
合間で訪ねたイタリアで楽しんだような伝統的なスタイルのものは、
あまり見かけなくなりました。

今回の本では伝統的な「オイルなし」
アメリカで人気の「油脂入り」
卵の代わりに野菜や果物のピュレなどを使うもの、
小麦粉の代わりにオーツ粉などをつかうものなど、
いろいろな生地をご紹介しています。

皆さまがピンとくるビスコッティが見つかりますように。


おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。




[PR]
# by AmericanSweets | 2018-01-31 23:47 | Trackback | Comments(0)