カテゴリ:和菓子の話( 27 )

5年ぶりに、日本橋の
「榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)」の
工場にお邪魔してきました。

以前訪ねたとき、工場は調布にありましたが、
2年前に八王子みなみ野へ移転。売店も併設されました。

看板商品の1つ「梅ぼ志飴(うめぼしあめ)」。
現場では「飴を焼く」と表現するくらい、
焦げるギリギリまで煮詰めるので他では味わえない香ばしさ!
まだ温かい飴を味見し、メロメロに。
f0184775_15112718.jpg
f0184775_15113972.jpgf0184775_15114984.jpg


それから榮太樓といえば、やはりきんつば。
日本橋本店と、一部百貨店でしか味わえない「手包み」版は
皮の薄さ、焼き加減が格別です。
焼き立ては柔らかく、とろけそうでした。
f0184775_1512559.jpgf0184775_1513874.jpg


5年前に工場見学に伺ったときにご紹介した
All About「和菓子」の記事。

少しだけ修正しました。

All About「和菓子」
焼く飴!?「榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)」
[PR]
by AmericanSweets | 2015-04-30 15:16 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(0)

とらや工房

3月は国内をちょこちょこと旅しています。

週末は御殿場・三島・沼津へ。
f0184775_1427410.jpgf0184775_14365526.jpg
御殿場といえば
「とらや工房」。

どら焼きや人形焼、大福など、
とらやさんのイメージにはない、
カジュアルな和菓子も食べられます。

写真は季節限定の葛焼。
春色です。
[PR]
by AmericanSweets | 2015-03-24 14:31 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(0)

長命寺の桜餅

桜餅の葉を食べるか否か。

私は、道明寺の桜餅は葉も食べることが多く、
焼き皮の桜餅は、葉の柔らかさ次第です。

「長命寺桜もち」。
f0184775_14432884.jpg
食べる時間が遅くなり、
葉が乾燥してしまったので、
今回は除きました。
f0184775_14434814.jpg

オールアバウト「和菓子」
「長命寺桜もち」桜餅ひと筋、約300年!
[PR]
by AmericanSweets | 2015-03-23 14:45 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(0)

バター餅

秋田のバター餅。
f0184775_14262681.jpg

香ばしさがプラスされれば、
アメリカでも好まれそうだと思ったけれど。

そうだ、これがあったのでした。

ハワイのバター餅。
f0184775_1430506.jpg
f0184775_1431144.jpg

[PR]
by AmericanSweets | 2015-03-23 14:35 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(0)

クリスマスの和菓子

毎年楽しみにしている
「いいだばし萬年堂」さんの「クリスマス上生菓子」。
f0184775_22242194.jpg

f0184775_22243783.jpg


銘菓「御目出糖」にこなし餡の星型をのせた「もみの木」に、
柚子風味の時雨餡を小豆のこなし餡で包んだ「天使の贈り物」など。

乳製品やチョコレートなどを取り入れることはせず、
意匠で楽しませてくれるところがいいなあと思うのです。

子どもたちも大喜び。
箱を開けたとき歓声があがり、
一瞬で食べ終えました。

オールアバウト「和菓子」で
8年近く前に書かせていただいた記事がありました。

 
オールアバウト「和菓子」
いいだばし萬年堂
[PR]
by AmericanSweets | 2014-12-23 22:31 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(2)
ネットリコーOLオアシスで連載中のコラム
「日本どこでも 気の利くおみやげ」。

第34回目は福井県「金花堂はや川」 の
「羽二重くるみ」をご紹介しました。
f0184775_13485931.jpg

くるみ入りの「羽二重餅」とシュー生地を層に重ねた珍しいもの。

和くるみのしぶ皮を手作業で取り除き、甘煮にしてから
混ぜ込んでいるので舌触りが良いのです。

大好物です。

金花堂はや川
[PR]
by AmericanSweets | 2014-08-10 13:55 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(2)
「きんつば」で知られる浅草の「徳太樓」。
オールアバウト「和菓子」にてご紹介させて頂きました。

f0184775_14232243.jpg
いつから食べているか覚えていないくらい
大好きなきんつばです。

f0184775_14294168.jpg
餡を炊いたり煉ったりする間、
換気の関係で冷房が使えないのだそうです。
夏場の工場は40℃位(!)とのことでした。

f0184775_1504917.jpgf0184775_151182.jpg
写真は、記事ではご紹介しきれなかった
「豆きんぎょく」と「煉切」です。

「徳太樓」のある浅草観音裏は美味しいものの集う場所。

たとえば甘いものやパンが好きな人なら

かりんとう 小桜のゆめじ、
梅むらの豆かん
粉花*(このはな)のパンに
ルスルスの焼き菓子……

たまりません。


オールアバウト「和菓子」
「きんつば」だけではない浅草「徳太樓」

<
[PR]
by AmericanSweets | 2014-07-31 15:29 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(2)

羊羹コレクション

伊勢丹新宿店で開催中の
「羊羹コレクション~伝統と新しさのマリアージュ~」(~6/16)、
東京では4年ぶりの開催とあって楽しみにしていました。
f0184775_2253325.jpg

会場限定の羊羹がたくさん!
写真は東京・向島の「菓匠 青柳正家」の
「一合一会」。実演していました。
羊羹の間にはチーズ。
新しいおいしさ!
あ、単純なチーズではありませんでしたよ……
ぜひ会場にてお確かめくださいませ。

大阪府からは2軒の駿河屋さんが隣り合って出店していて
どちらもじっくり見るとユニークで魅力的。
レトロ感がたまらない長堀の合資会社駿河屋の缶入プリンと水羊羹。
近々訪ねるアメリカの友人へのお土産に3セット買いました。

ほかにはグラノーラを使った羊羹も見つけました。

トークショーもあり楽しすぎて美味しすぎて。
持てる限界まで買い込みました。

イートインでは東京・吉祥寺の「小ざさ」の煉羊羹が入る
プレートもありました。

同コレクションをオールアバウト「和菓子」でご紹介したのは2010年。
昨日のことのように覚えているというのにもう4年も経ちます。


2010年のオールアバウト「和菓子」記事
銀座三越「羊羹コレクション」新作・限定もたっぷり!

伊勢丹新宿店
[PR]
by AmericanSweets | 2014-06-12 23:21 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(4)

和菓子の日 嘉祥菓子

今年も6月16日「和菓子の日」限定菓子の
販売や予約がスタートしています。
f0184775_13293052.jpg

制定されてから35年経つそうですが、
まだまだ知られていない様子。

珍しい限定菓子が食べられる貴重な機会なのに
もったいない!
ということで、オールアバウト「和菓子」で7年ぶりに
「和菓子の日」と限定菓子について書きました。

ぜひご覧くださいませ。

※お菓子は予約必須のもの、
早めに売り切れてしまうものもありますのでご注意下さい!

オールアバウト「和菓子」記事
江戸時代のお菓子も復活!「和菓子の日」限定菓子
[PR]
by AmericanSweets | 2014-06-05 13:48 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(0)

本家長門屋

2年前にオールアバウト「和菓子」でご紹介した「本家長門屋」。
今さらながらそれを読んでくれた友人のリクエストで
「会津駄菓子・一閑張詰め合せ」を取り寄せました。
f0184775_22462799.jpg
拙著『コブラーとクランブル』のパネル展で特注した
思い出のとり飴にだるま飴は相変わらず見事な出来栄え!

友人は真っ先に黄粉ねじりに飛びつき、
私は好物の滋養パンに。

それにしても竹籠に和紙を張った民芸箱、一閑張の艶、
素敵です。


オールアバウト「和菓子」
「本家長門屋」心に沁みる会津のお菓子
[PR]
by AmericanSweets | 2012-12-28 23:01 | 和菓子の話 | Trackback | Comments(0)