2018年 01月 12日 ( 2 )

昨年夏に『Berry BOOK』(パルコ出版)が出版された後、
2冊の本の撮影がありました。

1冊は今月17日に発売される『あたらしいマフィン』(家の光協会)。
こちらは6名の共著者の1人なので、こんなに楽をしていいのだろうかと
思うほど仕事量が少なくドキドキしました。
こちらの本の詳細は後日改めて。
f0184775_23574681.gif
もう1冊は、同じく今月31日に発売される
『おやつ&おつまみビスコッティ』(主婦と生活社)。
イタリアのカントゥッチをベースにした
アメリカンスタイルのビスコッティ本です。

◎おやつビスコッティは5章
「ノンオイル」「オイル(油脂)入り」
「卵を使わない」「小麦粉を使わない」
そしておまけの「一度焼きのアンスコッティ」

◎おつまみビスコッティは3章
「ノンオイル」「オイル入り」「卵を使わない」

イタリアからの移民が北米へ伝えたというビスコッティですが、
シアトル系コーヒーと共に人気が高まったよう。

私がビスコッティに出会ったのは20数年前のアメリカです。
もうその頃には当たり前のように食べられていました。

今日からamazonなどに情報がアップされたビスコッティ本。
編集の足立さんのおかげで形になりました。
デザインはchorusの高橋良さん
撮影はコーンブレッド本でもお世話になった福尾美雪さん
スタイリングは池水陽子さん
取材をしてくださったのは中山み登りさん
当日ヘルプに駆けつけて下さった青木昌美さん、北村恵理さん

版元の皆さま、印刷所の方々、校閲の方、
たくさんの方のお力をお借りし、もうすぐ出版されます。

これまでの本を作って下さった皆さまと、
これまでの本を読んで下さった皆さまのおかげで
こうして新しい本をつくることができています。
ありがたいです。

◇おやつ&おつまみビスコッティ

おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。




[PR]
by AmericanSweets | 2018-01-12 15:40 | Trackback | Comments(0)
2月のand R「アメリカの食卓」。
今回は、1月末の新刊「おやつ&おつまみビスコッティ」から、
ビスコッティをご紹介いたします。

メニュー:
・基本のカントゥッチ
・レーズンとクルミのビスコッティ
・コーヒーのビスコッティ
・卵を使わないスイートポテトのビスコッティ
・抹茶のビスコッティ
・savoryビスコッティなど

実演を交えつつ、アメリカンスタイルのビスコッティについての
お話を交えつつ、ご紹介しようと思っています。

下記のとおり各回1名様ずつ新規の方を募集いたします。
ぜひぜひご参加くださいませ。

日時:
1)2018年2月11日(日)
午前の部:10:30-12:45 満席となりました。

2)2018年2月11日(日)
午後の部:14:15-16:30 満席となりました。

3)2018年2月12日(月) 
10:30-12:45 満席となりました。

お申込み先:◇お問い合わせフォーム(1月12日21:00より受付を開始させていただきます。)

定員:各回6~7名様

持ち物:エプロン・三角巾

場所:and R(アンドアール)
千葉県習志野市本大久保3-8-3「ギャラリー林檎の木」2階
※千葉県「京成大久保」駅より徒歩4分
http://www.gallery-ringonoki.com/accessmap.html

ご参加費:4,500円(ご試食・ご試飲・お土産付)
※お席が限られますためお子さま料金の設定がありませんこと、
お詫び申し上げます。また、小学生以下のお子様だけでのご参加は
お受けしておりません。ご了承ください。

キャンセルポリシー:
前日-前日17時までのキャンセルは参加費の70%
前日17時以降-当日キャンセルは100%を頂戴いたします。
材料とお席をご用意してお待ちしているため、どうぞご了承ください。


おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。




[PR]
by AmericanSweets | 2018-01-12 15:31 | Trackback | Comments(0)