ポメラが壊れて

ポメラが壊れました。

原稿を書くときパソコンを立ち上げるといろいろ面倒なので
ポメラを愛用してきたのですが、昨年後半から電池を入れ替えても数日で
電源が入らなくなり、様子がおかしいとは思っていたのですがついに。

あの不便さに慣れていたので久しぶりにパソコンで原稿を書くと
便利過ぎて驚きます。
でもあちこちよそ見をしてしまうので、やはりポメラの方がいいなあ。

今日は子どもたちは鉄道の旅へ出ているので、
久しぶりにのんびり仕事を進められるとホクホク。

朝から調べ物をしていたらお腹が空いたので、
まずは安倍川もち。
その後はヨーグルトが中途半端に余っていたのでグラノーラ。

体が冷えたのでラム酒を入れた紅茶とチョコレート。

それぞれをきちんと楽しみ過ぎてこんな時間に……

時間がある日はエンジンがかからない不思議。



[PR]
# by AmericanSweets | 2018-01-14 13:54 | Trackback | Comments(0)

「あたらしいマフィン」

6人の共著者の1人として参加しています。
f0184775_23475760.gif
JAグループの家の光協会からの新刊
『あたらしいマフィン』。

1/17の発売を前に見本が届きました。

編集は松原京子さん
ブックデザインは福間優子さん
私のページの撮影は邑口京一郎さん

共著者の皆さまの、それぞれ
「スパイス」「コーヒー」「お酒」
「和の素材」「体にやさしい」をテーマにされた
マフィンはとても興味深く、
どれもぜひ試してみたいと思いました。

私は野菜をテーマに
「玉ねぎとビールのマフィン」や
「スイートポテトマフィン」など、
7つのマフィンをご紹介しました。

マフィンの本は既にたくさんあるとのことだったのと、
タイトルが「あたらしいマフィン」とのことだったので、
今回はちょっと面白い作り方をするものをご紹介してみました。

この本で私を知って下さる方に
アメリカのお菓子って面白いと思っていただけるといいな、
アメリカのお菓子に興味を持っていただけるといいなと思いながら、

そしてもちろん、私なりのアメリカ菓子を既に知って下さっている方にも
お楽しみいただけるようにと7つのメニューを考えました。

皆さまがイメージするアメリカン・マフィンとは
ちょっと違うかもしれませんが、お楽しみいただけますように。

どれか1つお試しいただくとしたら、
いまの時期であれば「スイートポテト」、
夏であれば「キューカンバー・ミントマフィン」
が特にオススメです。
と子どもたちが申しております。

ビスコッティ本とあわせて、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

あたらしいマフィン

田中博子・長田佳子・原 亜樹子・今井洋子・ムラヨシマサユキ・立道嶺央/家の光協会


おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。






[PR]
# by AmericanSweets | 2018-01-14 00:33 | Trackback | Comments(0)
昨年夏に『Berry BOOK』(パルコ出版)が出版された後、
2冊の本の撮影がありました。

1冊は今月17日に発売される『あたらしいマフィン』(家の光協会)。
こちらは6名の共著者の1人なので、こんなに楽をしていいのだろうかと
思うほど仕事量が少なくドキドキしました。
こちらの本の詳細は後日改めて。
f0184775_23574681.gif
もう1冊は、同じく今月31日に発売される
『おやつ&おつまみビスコッティ』(主婦と生活社)。
イタリアのカントゥッチをベースにした
アメリカンスタイルのビスコッティ本です。

◎おやつビスコッティは5章
「ノンオイル」「オイル(油脂)入り」
「卵を使わない」「小麦粉を使わない」
そしておまけの「一度焼きのアンスコッティ」

◎おつまみビスコッティは3章
「ノンオイル」「オイル入り」「卵を使わない」

イタリアからの移民が北米へ伝えたというビスコッティですが、
シアトル系コーヒーと共に人気が高まったよう。

私がビスコッティに出会ったのは20数年前のアメリカです。
もうその頃には当たり前のように食べられていました。

今日からamazonなどに情報がアップされたビスコッティ本。
編集の足立さんのおかげで形になりました。
デザインはchorusの高橋良さん
撮影はコーンブレッド本でもお世話になった福尾美雪さん
スタイリングは池水陽子さん
取材をしてくださったのは中山み登りさん
当日ヘルプに駆けつけて下さった青木昌美さん、北村恵理さん

版元の皆さま、印刷所の方々、校閲の方、
たくさんの方のお力をお借りし、もうすぐ出版されます。

これまでの本を作って下さった皆さまと、
これまでの本を読んで下さった皆さまのおかげで
こうして新しい本をつくることができています。
ありがたいです。

◇おやつ&おつまみビスコッティ

おやつ&おつまみビスコッティ (生活シリーズ)

原 亜樹子/主婦と生活社

イタリアからの移民が北米へ伝え、アメリカ独自の発展をしたアメリカンスタイルのビスコッティの本。




[PR]
# by AmericanSweets | 2018-01-12 15:40 | Trackback | Comments(0)